【副作用に要注意!?】AFC葉酸サプリの成分を徹底分析!

女性100人の声から生まれたというAFC葉酸サプリは、手頃な価格で多くの女性に支持されています。そんなAFC葉酸サプリですが、副作用があって危険なのでしょうか?そこで今回はAFC葉酸サプリの成分を徹底分析していきたいと思います。成分に少しでも不安を感じている人は、ぜひご確認ください!

 

AFC葉酸サプリの成分は副作用の心配がある?

AFC葉酸サプリは、1日4粒という摂取目安量を守って飲んでいただけば副作用を起こすような危険な成分は入っていません。しかし、それ以上の量を飲んだ場合は、葉酸の摂取過多による副作用が出る可能性があるので注意しましょう。
そもそも、葉酸は1日の摂取量の上限が1000μgまでと決まっています。それ以上飲むと、お母さんには発熱や湿疹などの症状が出る、生まれてくる赤ちゃんに喘息のリスクが高まるなどのリスクがあるとされています。なので、1日4粒という量は必ず守るようにしましょう。

 

AFC葉酸サプリでアレルギーの心配はある?

AFC葉酸サプリには、トウモロコシたん白という添加物が入っているのでトウモロコシにアレルギーがある人は、成分にアレルギーを起こす可能性があります。その他のアレルギーを引き起こしやすい成分として知られている小麦や果物・甲殻類・ナッツなどは含まれていないのでご安心ください。

 

AFC葉酸サプリの添加物は副作用があって危険?

AFC葉酸サプリに含まれている添加物は、甘味料や賦形剤などが入っていますが、これらの成分も通常量飲んでいる分には問題ないと言われる成分です。しかし、こういった成分も飲みすぎると葉酸と一緒で、過剰摂取によりお腹を壊すなどの症状が出る可能性があるのでご注意ください。

 

まとめ

AFC葉酸サプリは、通常量飲んでいる分には体に害はなく副作用が出る可能性もほとんどありません。しかし、トウモロコシが含まれているので元々トウモロコシにアレルギーがある人は飲まないようにしましょう。また、葉酸は1日1000μg以上摂取すると母子ともに副作用の報告があるので、過剰摂取には注意しなければなりません。1日4粒という目安量は必ず守り、沢山飲んだからといって効果が増えるわけではないということを覚えておいてくださいね。それから添加物も、適量を飲んでいる場合は副作用の声はないのでご安心ください。このように、AFC葉酸サプリはほとんどの人が安心して飲めるので皆さんもぜひ飲んでみてくださいね!